My nagano toshi gas

長野都市ガス会員ポータルサイト My nagano toshi gas

見直そう!健康・キレイ・いい食 ファスティングに挑戦!

弊社月刊情報誌「honoca(ほのか)」8月号でご紹介した
「見直そう!健康・キレイ・いい食 ミネラルファスティングに挑戦!」について、プラスアルファの情報をお伝えします。
 
 
 
キレイ、健康を手に入れるファスティング
 

積極的な外出や密な状況を避ける傾向が続く今こそ自分のからだの状態に、しっかり向き合ってみませんか?
過食や運動不足でバランスが乱れているからだのコンディショニングにおすすめの方法の一つがファスティング。
「honoca」8月号で紹介したプロフェッショナルファスティングマイスターの飯田和子さんに、より詳しいお話をうかがいました。
 
 
●ファスティングのリセット&デトックス効果

一定期間「食べない」ことで、からだをリセットし、人間の本来のからだの機能を目覚めさせる手段の一つファスティング。
アスリート、モデル、俳優など、からだの状態に非常に気をつかうプロフェッショナルのなかに取り入れている人が多いことからも、有効な方法であることがうかがえます。
 
単に体重を減らすとか、スリムになるのが目的ではなく、からだの無駄をそぎ落として体調や心の状態を整え、きれいや健康を目指すのがファスティングの大きな特徴です。
 
飯田さんが指導している「ミネラルファスティング」(杏林予防医学研究所所長の山田豊文氏が開発し、分子整合医学美容食育協会が推奨する専用の酵素ドリンクを飲みながらおこなうファスティング)が着目するリセット効果、デトックス効果についてみていきましょう。
 
■ファスティングのリセット効果
「 内臓を休ませる
  味覚や嗅覚が鋭くなる
  肺がきれいになる
  免疫力が向上する 」
 
私たちはからだのエネルギーのほとんどを消化に費やしています。
ミネラルファスティングは、一定期間、固形物など消化するのに負担のかかるものを「食べない」ことで、そのエネルギーを代謝、脳の活動、傷ついた細胞の修復などにまわし、からだ本来の働きに戻していくプロセス。
そのため、不規則な生活や日常的な過食で疲れた心身がリセットされるというわけです。
 
実際、ミネラルファスティング経験者の多くから「感覚がそれまでより冴えてきた」という感想が寄せられるそうです。
もちろん影響には個人差がありますが、「要注意だった血圧や血液値が正常値に戻った」との感想が多いのもリセット効果の結果とみられます。
「肌つや、髪のハリが変わってきた」という感想も多いそうですよ。
 
■ファスティングのデトックス効果
「 有害物質を排出する
  大腸がきれいになる
  肝機能が改善する
  内臓脂肪が燃える 」
 
デトックスとは体内で不要になったものを排泄すること。
ファスティングで代謝が高まることにより、排尿、排便、発汗が活性化します。
これがスピーディーな減量につながるため「ファスティング=ダイエット」と思われやすいのですが、これは、あくまでも効果の一端。
代謝が高まることで腸内環境が改善されるという大きなメリットがあるのです。
日頃、便秘に苦しんでいる人がファスティングで改善される例は多いといいます。
便秘の予防にも効果的なんですね。
 
また、ファスティング前後を通じて、刺激物やアルコールなど肝臓に負担をかける食物・飲み物を摂らないため、肝臓の疲れが癒やされます。
 
ファスティングの2、3日後から脂肪の燃焼が活発化するのもポイント。
「食べない」ことで一時的に飢餓状態をつくり出すため、からだが「蓄える」ことより「生きるために活性化する」ことを選ぶのです。
 
 
●前後の「食」を意識しよう


ミネラルファスティングでは、ファスティング期間前後の食事にも配慮した指導をおこなっています。
高カロリー、高脂肪の一方でビタミン・ミネラル不足になりがちな現代人の食生活を見直し、健全な食を意識した日々を習慣づけるという面でも効果が大きいのです。
 
ミネラルファスティングが提唱する食事の基本は、「マゴワヤサシイ」。
「  豆類
   ごま・ナッツなど種子類
   わかめ・こんぶなど海藻類
   野菜類
   魚(特にイワシ・サバなど青魚)類
   しいたけなどきのこ類
   いも類 」

日頃から、これらを1日に全部摂るような食事を心がけましょう。
不足しがちなビタミン、ミネラルを十分に補え、生活習慣病の原因ともいえる過食、偏食などを整えることができます。
これが反映されているのが「一汁三菜」の和食。
ユネスコの無形文化遺産に和食が認定されたことに、あらためて納得できるのではないでしょうか。
 
なお、ミネラルファスティングを実践する前後(準備期や復食期)には、このうち「サ」を抜いた食事をします。
 
 
●「副腎疲労」をご存じですか?
 
飯田さんがミネラルファスティングに出会ったのは、過労からひどく体調を崩し、休職、退職にいたるほどダメージを受けていた時のこと。
さまざまな治療を試みても体調が改善せず、精神的にも追い詰められて、ほとんどうつに近い状態になったのだとか。
 
それが、ストレスに対応するホルモンが分泌されなくなる「副腎疲労症候群」という病気と知り、その改善策としてミネラルファスティングの指導を受けて実践したところ、みごとに回復。
以来、ミネラルファスティングを、自分と同じように苦しむ多くの人に伝えていきたいと勉強を重ね、自ら指導者として活動するようになりました。
 
ファスティングはもちろん、日常的な食事指導に力を入れているのもそのため。
メンタルセラピストとしても経験を積み、一人ひとりの心身の相談に応え、健康的にコンディショニングすることをサポートしています。
 
 
ファスティングは自宅で気軽に実践でき、リピートや継続もしやすい健康法ですが、自己流で始めるのは危険。
信頼できる指導のもと、自分に合った方法を選んで開始することが安全に成功する秘訣です。
まずは相談できる経験者、指導者をさがすこと。
確かな裏付けをもつプログラムを実践することをおすすめします。
 

※ファスティングの効果については、杏林予防医学研究所と分子整合医学美容食育協会の実験に基づくデータおよび発表内容を参考に編集しています。
 


<お話をうかがったプロ>

分子整合医学美容食育協会 松本支部長
プロフェッショナルファスティングマイスター
健康美容食育指導士
メンタルセラピスト
 
ai room代表
飯田 和子 さん
 
ファスティングで健康を取り戻した自身の経験から、美容・健康・食育の専門家として正しく効果的なファスティングをサポートしています。
 
 
◆分子整合医学美容食育協会:
https://www.fasting.bz/
◆飯田和子さんFacebook:
http://www.facebook.com/KazukoIida24